VOICE / 合格体験記

同志社大学経済学部 森本雄大くん

【合格体験記】

 1年生の頃からスーパークラスを目指していたわけではないけれど、「やるときはやる」、「小テストは手を抜かない」など、当たり前かもしれませんが、それだけはしていました。勉強を頑張れたのは、真面目な人たちが集まったクラスに入れたから、というのもあったと思います。部活、勉強、友達、そのどれか一つでもおろそかにしていたら、最後の夏を乗り切る気力はなかったと思います。ずっと聞かされていた、「両立をする」ということが、合格のために大切でした。
 学力の向上には、塾の先生方が欠かせなかっただろうと思います。どれだけ熱心に、まじめに、一人で勉強しても、僕には限界がありました。参考書を隅々までしても身につかない、と感じていただけなのかもしれませんが、理解している人の目が必要でした。遅い時期からだったにもかかわらず、親身になってくれた先生方が、自分の学力を上げてくれました。すべてがうまくいったわけではなかったし、嫌なこともたくさんありましたが、いろいろな関わり合いの中で、一生懸命にやれたのが合格につながったのだと思います。


【担当してくれた先生へ】

 伸び悩んでいた英語と、少し苦手意識があった国語、その両方が格段にわかるようになりました。わからないところは丁寧に教えてくれて、こんなにわかりやすい授業をしてくれた先生方にはとても感謝しています。点数が上がっていくのが本当にうれしかったです。もっと早くCReduに来たかった、と思いました。