VOICE / 合格体験記

関西学院大学人間福祉学部 Kさん

【志望理由書の対策についてはどうでしたか?】

 とてもよかったです。夏から対策を行っていました。進める中で、学校との意見の食い違いなど大変なことがありましたが、先生方が相談に乗ってくださり、アドバイスを多くしてくださったおかげで、乗り越えることができました。私は、学部を決めるのが遅かったので、志望理由書、大学入学後の計画を完成させるのが大変でした。ですが、先生方が開いている時間を見つけては授業を入れてくださったおかげで、内容の濃いものを作り上げることができました。


【面接の対策についてはどうでしたか?】

 担当の先生とは、気づかなかった部分(専門分野の知識や自分の案について)に気づくことができるいい機会でした。面接対策も大変でしたが、面接対策は本番での自分の自身に直結するので、準備に時間をかけられてよかったと思います。


【合格体験記】

 SGH入試は、一般の入試とは違う入試なので、自分にはできるのかと不安でした。ですが、クレデュではSGH入試で合格者を出したことがあると聞いた時、「この先生と一緒に目指したい!」と思い、自分でも行けるのではないかと感じました。
 しかし実際はとても大変で、準備を進めれば進めるほど、不安になりました。そんな時、支えになったのが、先生方でした。自分が疑問に思ったことは、私が理解するまで丁寧に、わかりやすく説明してくださったり、授業のすき間時間に内容を確認してくださったおかげで、自分の中での不安要素が少なくなっていきました。学部を迷っているときに、1週間くらい考える時間を作ろうと思っていることを先生に伝えると、「そんな時間ない!できるだけ早く決めなあかん!!」と言われました。その時の私は、「そんなん急いで決めたらあかんやん・・・。」と思っていました(笑)。ですが、後になってから「あの時決めてなかったら、時間がもったいなかった。早く決断しててよかった!!」と思いました。時間が無い事を教えてくださった先生に、とても感謝しています。
 帰り際の「あと少しやな」「頑張って!」という一言で「頑張ろう!」という気持ちになることができたときも、多くありました。今まで支えてくださって、本当にありがとうございました。大学の合格がゴールじゃない、入ってからがスタートだ、という先生の言葉を忘れずに、大学で学びを深め、自分がしたいことを見つけます!合格をお知らせした際に、先生方がとても喜んでくださり、本当に合格してよかったと心から思います。


注)SGH入試とは
 関西学院大学で行われているスーパーグローバルハイスクール(SGH)対象公募推薦入試の略。
 昨年、県立伊丹高校はSGH指定校だったので対象になっていました。
 志望理由書やSGH活動報告などで一次選考。
 当日は小論文、面接、グループディスカッション等により合格者を決定(科目や内容は学部によって異なります)
 「対象の高校が限定されたAO入試」といえるような試験です。


【保護者様より】

塾に通いたい、と言われたものの、スタートが遅く、体験に行っても本人が通いたいと思える塾がなく、困っていた時に出会えた塾でした。お話を聞いた日に、「この塾だ!」とすぐに思いました。行きたい大学も学部も決まっていない娘が、行きたい大学を見つけて合格できたのは、先生方のおかげです。本当に感謝しております。ありがとうございました。