VOICE / 合格者、クレデュを語る



合格体験記


 はっきりと神大を目標として意識したのは、2年生の10月頃だったと思います。
 それまでは、校内で1位を目指すことだけを考えていましたが、当時の模試の結果を見て、自分が今どんな時期にあり、周囲の人間がそれぞれ自分の目標の大学を目指していることを理解し、学力向上の目的を変えました。私の高校からは神大を目指す人がほとんどいない分、自分がどれだけ近づいているのか把握しにくく、ほぼ唯一の判断基準である模試の判定もなかなか信頼できず、不安が募りました。
 3年生の12月頃から成績が伸び悩み、センター試験本番が目前に迫っていたことも加わって、「自分は本当に神大を狙える実力を持っているのだろうか」と悩むこともありました。その不安から、自分の苦手分野(地理、現代文)の対策をさらに行うようになりましたが、点数も安定せず、「結局自分の学力ではなく、運で点が取れていただけになるのか」と思うようになり、「本番は『賭け』になるのか」と考え始めました。
 センター試験本番は易化していて楽に解けましたが、やはり「国語と地理はもう少しとれたはずだ」と悔いることになりました。
 二次試験本番については緊張していて正直あまり覚えていません(笑)
 不安になることもありましたが、できることを確実にしていき、予想外の事態に動揺せずに落ち着いて解けば結果は出るということを感じました。



インタビューはこちら