CONCEPT / コンセプト

クレデュには-4つのこだわり-があります。
この4つは、『最高の教育』を実現するために最重要だと考えた『こだわり』です。
この『こだわり』によって、『これまでの個別指導塾を超える教育ができる』と考えています。

7つのモチベート

【どのようにすれば、生徒が自らやる気になる条件を生み出せるか】 にこだわる

クレデュでは、内発的動機づけ『生徒自らがやる気になる条件を、生み出すこと』が教育する側において
最も重要だと考えています。生徒自ら、やる気になることで、「学習それ自体に取り組むこと」が楽しく
なり、自ら学習するようになります。クレデュが考える"内発的動機づけ"は、内発的動機づけに関する多
くの論文をベースに、そこに多くの講師の講師経験を付加して考え出したものです。

  • 『選択の機会を与え、生徒の意思を尊重する』
  • 『学習した内容を活用する機会を与える』
  • 『学ぶ内容に合理的な理由を付加する』
  • 『生徒や生徒の自律性を認める』
  • 『生徒に対して制限を減らす』
  • 『授業・カリキュラムにストーリー性を持たす』
  • 『いつでも楽しさを提供する』

『7つのモチベート』を実践することで、生徒は自ら自立的・継続的に学習し、学習それ自体を好むこと
を目指します。

詳しく見る

先導する授業

クレデュの授業は、講師主導

クレデュの授業は、授業形式と解説形式が50:50の割合で行われます。

    授業形式では、生徒に【必要不可欠な】内容を大きな黒板で授業します。
    大きな黒板を活用することで、英語の長文や数学の図形・証明問題などの解説が理解しやすくなります。
    また、解説形式では、生徒が分からない問題・理解不足な問題を授業します。
    授業形式も解説形式も、常に生徒とコミュニケーションをとりながら双方向で授業していきます。

詳しく見る

鍛えられる講師

クレデュ講師は、日々鍛え、成長しています

最高の授業を行うために、『講師』は重要。クレデュは、講師を鍛えます。
従来、塾の講師が、採用後に厳しく鍛えられることはありません。
しかし、講師も『人』です。鍛えれば鍛えるほど、講師の授業スキル・コミュニケーション能力・プレゼン能力などは向上します。そして、その結果『より良い授業』を、生徒が受けられると考えています。

以下に、クレデュが行う3つの制度を紹介します。


授業内容&手法共有化制度

授業内容&手法をWEBとmeetingによって共有しています。
従来、講師任せとなっていた個別指導塾の授業は、講師の能力が授業価値を大きく左右していました。
juku CReduでは、授業内容と手法を全講師で共有することで、講師全員が最高の授業を実践できます。
[注]共有化とは、マニュアルではありません。 例えば、ある講師が『動名詞の分かりやすい教え方』を発見した場合、その講師だけではなく、講師全員がそれを知識として得ることができるということです。 【良いものは、皆で共有すればいいじゃないか】という観点です。



授業ロープレ制度

授業ロープレでは、講師が生徒役・講師役にそれぞれ分かれ、授業方法や授業手法をお互いに指摘し、鍛えあいます。 全講師が日々研鑽し、"生きた授業"を実践できるようにしています。



メンター制度

メンター制度では、新人講師に対し先輩講師が教育係となって2人1組となり、新人講師を指導しています。

詳しく見る

最高の環境

オシャレな空間やフリードリンク.新しい塾のスタイル

CRedu meets design
クレデュは、学習環境に最善を尽くしています。
「塾に通うのが好き」と全ての生徒に思ってもらえるような環境作りを目指しています。


CRedu meets design -長時間学習しても飽きないデザイン性のある空間-

学習環境にデザインを持ち込む新しい挑戦
"全く学習に興味が無い"生徒、"塾嫌い"な生徒でも、塾に行くのが楽しくなるような環境を目指します。



各ブースが独立 - 授業や自習に集中できます

ただ一人、先生の授業を独占する効果
パーテーションで区切り、生徒一人ひとりが集中できる環境を整えています。



大きなホワイトボード - より分かりやすい板書

ホワイトボード上でダイナミックに解説される
解説された内容を自らノートに写し、より理解を深める
個別指導における"大きなホワイトボード"は想像以上の効果を生み出します。

詳しく見る